震災被害者のメンタルケアを通して見えてきたもの

| コメント(0) | トラックバック(0)

 第16回 日本内観医学会大会(小澤寛樹大会長)が平成25年10月12日に、長崎市にて開催されます。今大会では、「精神保健における内観療法の展開」をテーマとし、内観療法の精神保健領域における活用、とりわけ災害精神医学との関連をとりあげています。

シンポジウムも「災害支援シンポジウム」と銘打って、「災害支援に内観の果たす役割」がテーマになっているようです。私も震災後に被災地を訪ね、ゼミ生とともに以下のようなテーマで一般演題を発表することにしました。

 

震災被害者のメンタルケアを通して見えてきたもの

―ナラティヴ内観の視点を援用して―

真栄城輝明・森下文・蘆立群

(奈良女子大学)

 Ⅰ はじめに

2011311日(金)に発生した東北地方太平洋沖地震とそれに伴って発生した津波,及びその後の余震により引き起こされた大規模地震災害から2年半がすぎた。震災直後は,主として物資の輸送やがれきの後片付けなど,いわゆる体を使ってのボランティア活動が優先される必要があったが,時間の経過とともにいよいよメンタルケアが言われるようになってきた。実際,本学会も今回,災害支援シンポジウムを企画して「災害支援に内観の果たす役割」について取り上げている。

Ⅱ 研究の動機

このような時期にあって,われわれはたまたま被災直後に集中内観に来られた震災被害者と出会う機会があったこと,あるいはかつて被災地に過ごしたことのある人が震災をきっかけに間接的な衝撃を受けて心身の不調を発症したケースに遭遇したこと,さらには共同研究者の一人(森下)が被災地の出身であったことなどが動機となって,震災被害者のメンタルケアに注目するようになった。

Ⅲ 研究の目的と方法

そこで,今回の報告の目的は,震災被害者のメンタルケアを通して見えてきたものがあり,それについて考察を試みることにある。考察の対象となった資料は,被災者地へ赴いて震災被害者から聴取したインターヴュー内容を中心に,集中内観や集中内観後の個別カウンセリングやグループカウンセリングのなかで語られた内容なども含めることにした。

Ⅳ 結果の考察

得られた結果を考察するにあたって,ナラティヴ内観1)の視点を援用した。ナラティヴを日本語に訳せば,「物語り」「語り」である。これまでに,実に様々な心理療法が次々と登場しているが,あらゆる心理療法はナラティヴ・セラピィと言ってよい,と述べるのはジョン・マクレオッド2)である。それら心理療法には,語ることと語り直すことという側面がみられるからである。したがって,「ナラティヴ・セラピィ」は単一の技法と言うよりも,そこにはさまざまな種類の「ナラティヴ・セラピィ」があると考えたほうがよい。すなわち,ナラティヴ内観の場合は,①内観中の語りをナラティヴの視点から見直すこと,②震災被害者との面接内容を内観の視点から見直すこと,の両側面がある。

文献

1)真栄城輝明(2012)心理療法としての内観――「narrative(語り)」の観点から 心理的支援としてのナラティブ支援法(森岡正芳編)第4Japanese Journal of N: Narrative and Care

2)ジョン・マクレオッド(2007)物語としての心理療法 ナラティヴ・セラピィの魅力 下山晴彦監訳 野村晴夫訳 誠信書房 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yamato-mahoroba.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/583

コメントする